展示の様子

guitto!!をスタートしてイクバク・・・

思いついたのが吉日!!というので

ネットで探しに探して...

オーダーメイドを受けてくれる什器やさんを発見しました。

私のラフすぎるラフ画

140620_2333これをもとに!!!

guitto-go01

※私の全身像ぼかしあり。

恵比寿から代官山をこれで練り歩きました(汗

guitto!!号が完成致しました。

guitto-go02折りたためて、電車での持ち運びが可能!!

素晴らしい!!素晴らしい職人さんの技術!!!

guitto号。

デビューは

六本木から代官山へ引っ越した・・・プチポンで8月1日、2日開催されますマルシェでご覧入れます。

http://blog.salondupetitpont.com/?eid=746

新作も出ますので、ぜひ立ち寄ってくださいね。

2013年のカレンダーの原画です。

 

2014年のカレンダーは11月ごろ予約販売できたらなーと、思っています。

初挑戦!!消しゴム版画での多色刷り!です。

1-2月

calender2013-01

カレイの煮つけは6版。

鯖の味噌煮は5版。

一見全くその苦労が分かりにくいですが、版を何枚も色事にわけて刷っているんです。

3-4月

calender2013-02

こちらの彩色は色鉛筆です。

5-6月

初夏のお楽しみは空豆!!

calender2013-03

7-8月

 

やっぱり秋刀魚ですよね!

 

こちらは7版です。

calender2013-05

11-12月

鍋でしょう!

calender2013-06

 

 

水炊き、湯豆腐、もつ鍋!!ほくほくほく!!

 

 

 

 

 

手ぬぐいでごあいさつ展終了しました。

ご来場の皆様、応援くださった皆様ありがとうございました!

 

無事に「手ぬぐいでごあいさつ」展終わる事ができました。

この機会をくれたのびのび荘の店主様に感謝です。

 

私にとって手ぬぐいはライフワーク。

切っても切れない存在です。

今回のコンセプトは畳み方で手ぬぐいの模様がも気分も変わる!

秋山はな開発による・・・「たたみ変わり手ぬぐい」

酒成分もなし!

 

さらに職人さんに頼んで団扇も作りました。

香川も丸亀うちわの職人さん達には脱帽です。いやはや。

日本産の竹をちゃんと作るとこんなにいいものができるんですね。

仰ぎ心地の良い事良い事。

 

真夏のいま、、一日に使う手ぬぐいは5枚超えです。

製作時には頭に巻き、首に巻き、

家事には汗をぬぐい、皿を拭き、手を拭き・・・

 

生活の一部に、アートな美しいものがあって欲しい。

 

たまにオシャレだけど使い勝手が今いちのものに出会うのだけれど、

手ぬぐいはそうじゃない。

洗えば洗うほど馴染み、自分を支えてくれる。

こんな幸せ!!

 

そんな愛する手ぬぐいを今年も世に出せて、買ってくれた方が喜んで頂けたのは

作家としてとてもとても幸せです。

 

あなたのお傍に楽しい手ぬぐいを。

また頑張ります。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

Leave a reply

2012の夏は

ほろよい「は・し・ご」展で製作したビアラベルです。

参加作家全てが勝手にテーマ(春夏秋冬)で作るという。

しかも中身は常陸野まで作りに行きました。

beer-01

beer-02

beer-03

 

beer-04

 

全て消しゴムはんこ。そして彩色は色鉛筆です。周りの枠は金枠です。

春夏秋冬の美味しいもの!と、一緒に呑みたくなるエール!!

どこかのビールやさん!いかがかしら!!

 

原画は額装は4点入って1万6千円です。