有明癌研での様子をアナログカメラで撮影しました。

9月末から10月いっぱいまで有明癌研9階で展示をさせていただきました。

 「世界のかたすみ展」

 

10年ぶりといっていい・・私のキャラクター ハナネコの立体たち。

原点回帰というのでしょうか。

私にとって

子宮をとり、人との繋がりを再認識させてくれた場所での展示は

とてもとても小さくても

自分にとっては大きなものとなりました。

そして久しぶりに

父の遺品である アナログカメラ NIKOMAT FT2を持ち出し撮影してまいりました。

やはり、自然光での撮影は楽しい。

もう何年もフィルムを現像に出してなかった。

 

そんなこんなで撮影したハナネコさんです。

 

 

 

 

9階のデイルームのかたすみのショウケース。

今までも入院経験のある方が展示しているようです。

 

 

 

一番上の棚にはプロフィールを。。空にみたてて 雲で酔っ払うハナネコ。ハナネコは石粉粘土で作りました。

 

 

ぷっかーーっと浮かぶ気球。

発砲スチロールに和紙をはってできています。

下の棚には のんべ手拭いをひいて

入院中のスケッチもコピーしておきました。

 

 

消しゴムはんこができるまで・・・の、ような解説もつけました。

 

 

入院中に描いて彫ったチューリップ。デザインカッター持ち込み注意されなかったのがっ不思議ですが(笑

そしてちらーっと見てるハナネコ。

手ぬぐいに使用した消しゴムハンコの原画。

 

また同じ場所で年越しの春展示を行います。これからも定期的にやれたらと思います。

もっともっと辛い思いをしている人もいるだろうし、

少しでも誰かに元気が出ればと思います。

早く退院して美味しいもの食べようって思えるように。

 

 

9Fからの眺め。

一緒に闘病した 田山知佳ちゃんを偲んで。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 有明癌研での様子をアナログカメラで撮影しました。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]